鶯谷中学校

授業システム

中高一貫教育の特徴は、教育を中学、高校と分けることなく、中高の壁を取り払った環境の中で行えることです。
そのため、生徒には高校受験に追われることなく、ゆとりある十分な環境の中で深みのある教育を展開することができます。

中高一貫だからできる「先取り学習」

通常6年間で学ぶ学習内容を、高等部2年までの5年間で習得します。それが「先取り学習」です。
最後の1年間は、「新テスト」対策、難関の国公立二次対策(論述)、難関私立大レベルの問題演習など、大学の現役合格を見据えた学習に取り組んでいきます。

グローバル教育

6年間を通して英語に対するモチベーションを大切にした学習計画により、難関大学合格への確実な英語力とともに国際社会で通用する英語コミュニケーション能力を養います。
「音読」「暗記」「多読」を通して英語の音声に慣れることを中心に、英語の基礎力を養います。

確かな学習量と充実の授業内容

1クラス約30名のクラス編成で、生徒全員に十分に目を配ります。
また週3日7限授業を行い、授業時間を充実させ、質も向上し続けています。

習熟度別授業

英語と数学を中心に習熟度に合わせた授業を展開。Advanced Class(より進んだ学習をしたい生徒向けのクラス)と、Standard Class(基礎をしっかり固めたい生徒向けのクラス)に分かれて学び、個々の得意・不得意を把握して、より効率の良い方法で学力の向上を図ります。

新テスト対応 教育プログラム

「新大学入試(新テスト)」が2020年から導入されます。
本校では、これに対応できる能力の育成を目指した独自の教育プログラムを用意しています。通常の教科科目の学習に加えて、下記のとおり、中高一貫教育の利点を生かした教育支援を展開しています。

グローバル教育

グローバルリーダー ジュニアプログラム【イギリス】 / 英語検定試験スコアアップ講座開講 / 東大金曜講座の受講

リーダーシップ

学習リーダー養成塾の実施 / 岐阜県立志リーダー養成塾への参加と研修会の実施 / 全国次世代リーダー養成塾への参加

論理的思考力

「論理エンジン」の学習 / ロボットの製作とロボット大会の実施 / 「今解き教室」の学習

教科の枠を超えた
総合的な問題への対応

本校所有の「学生会館」での宿泊研修 / 東大慶応大見学と「先輩と語る会」の実施 / 自然教室

コミュニケーション能力と
問題解決能力

数学オリンピックなど全国的なコンテスト出場への支援 / スピーチ大会やディベート大会の校内実施 / 総合的な設問に対応できる授業の推進 / 理系小論文講座開講