緊急時連絡

特別事態における授業

登校時について

  1. 各種の警報(暴風及び特別警報のみならず、大雨・洪水警報等も含む)が発表されており、通学路の安全が確保できない場合は、自宅待機を原則とする。
  2. 各種警報の有無にかかわらず、登校時において危険が予測される場合は、保護者の判断で自宅待機する。
    その場合は、公欠扱いとする。

下校時について

  1. 各種警報発表時及び警報発表が予測される場合は、学校待機を原則とする。各種警報発表後に帰宅する場合は、警報解除後を原則とするが、通学路の安全が確保できる場合は、生徒個々が保護者と連絡を取り帰宅する。
  2. 自宅への到着確認は、クラスの生徒防災委員を通じてクラス担任が行う。連絡がつかない生徒については、クラス担任が最終確認をする。

生徒の登校について

  1. 生徒が登校する以前に「各種の警報」が発表されている場合(月~金曜日)
    1. ① 午前6時30分までに解除されたとき
      [平常通りの授業]
    2. ② 午前6時30分より午前11時までに解除されたとき
      [解除後2時間を経てから授業開始]
    3. ③ 午前11時を過ぎても解除されていないとき
      [当日の授業は中止]
  2. 生徒が登校する以前に「各種の警報」が発表されている場合(土曜日)
    1. ① 午前6時30分までに解除されたとき
      [平常通りの授業]
    2. ② 午前6時30分より午前8時30分までに解除されたとき
      [解除後2時間を経てから授業開始]
    3. ③ 午前8時30分を過ぎても解除されていないとき
      [当日の授業は中止]

但し、(1)②、(2)②において次の場合、登校を控える

  • 道路・橋の損壊などで危険なとき
  • 公共交通機関の停止のとき
  • 自宅の被害が著しいとき

ストライキ・洪水・大雪等のため、交通機関が停止し、通学不能のときは次の3項目に従う。

  • 登校時、最寄りの公共交通機関が停止しているときは、「自宅待機」をする。
  • 最寄りの公共交通機関が、月~金曜日は午前11時までに、土曜日は午前8時30分までに開通したときは、速やかに登校する。
  • (2)の時刻を過ぎても、最寄りの公共交通機関が開通しないときは「自宅学習」をする。

地震に関する情報が発令されているときには、次の4項目に従う。

  • 「東海地震観測情報」が発令された場合は、平常通り授業を行う。
    登校前であれば、定刻までに登校する。在校中であれば、そのまま授業を継続する。
  • 「東海地震注意情報」が発令された場合は、臨時休校とする。
    1. ① 登校前であれば、そのまま在宅して地震に備えること。
    2. ② 登校途中で発令を知ったのであれば、そこからすぐに帰宅すること。
    3. ③ 在校している時に発令されたときは、直ちに授業を中断し、下校させる。
  • 「東海地震予知情報」が発令された場合は、直ちに臨時休校とする。
    東海地域や岐阜県下も警戒態勢がとられるため、国や県や市町村の指示に従った行動をとること。
  • その後の、学校の再開や必要な情報については、本校のホームページで確認すること。
    http://uguisu.acs3.mmrs.jp/
鶯谷中学・高等学校 東海地震時の対応について
  登校前・登校中 在校時
東海地震 観測情報発令 平常授業 授業継続
東海地震 注意情報発令 休校 一斉下校
東海地震 予知情報発令
「警戒宣言」
自宅待機